• トップ /
  • 血液型による妊娠しやすさ

妊娠に相性のいい血液型がある

血液型による妊娠しやすさ

妻と夫の血液型での妊娠の相性

結婚すれば子供が欲しくなるのは当然の気持ちです。子育ての悩みや教育資金など、心配事もあるでしょうが、子供の笑顔を見るだけで、そんな悩みも吹き飛んでしまいます。どんなに子供がほしいと思っても、なかなか妊娠しない夫婦もいます。不妊の理由は色々ありますが、その一つとして考えられるのが、血液型の相性です。血液型は4種類ありますから、妻と夫で16種類の組み合わせがありますが、その組み合わせで妊娠のし安さが変わる、つまり相性があるというのがその考え方です。血液にはA、B、Oの血球がありますが、自分が持っていない血球に対しては逆に抗体を持っているために起こる現象です。具体的には妻の血液型がAの場合、BとABの夫は相性がよくありません。妻がBの場合はAとABの夫、妻がOの場合はA、B、ABの夫がよくありません。妻がABのときは夫の血液型は何型でもいい相性です。夫から見ると、Aの夫にはBとOの妻、Bの夫にはAとOの妻、ABの夫にはA,B,Oの妻がそれぞれよくありません。Oの夫だけは妻の血液型はなんでも大丈夫です。完全にこの通りになるわけではありませんし、夫婦で協力して、健康的な子作りを考えることが妊娠するためには重要です。

バックナンバー

↑PAGE TOP